後発医薬品調剤体制加算獲得にむけて

医薬品分割販売

2,600 views

薬局が後発医薬品を進める理由は後発医薬品の使用割合が一定数を超えると後発医薬品調剤体制加算を獲得できるようになります。簡単に言えば「薬局の基本料がアップするから」なのですが、この後発医薬品の使用割合をより効率よく増やすためにはどのようなものを変更すればよいのでしょうか?

 

計算式にすると

 

後発医薬品÷(後発医薬品のある先発医薬品+後発医薬品)

 

となり、後発医薬品が存在せず、かつ、1回あたり使用量と薬価基準上の規格単位数量との差が非常に大きい「経腸成分栄養剤」、「特殊ミルク製剤」、「生薬」、及び「漢方」は計算から除外されます。計算式に、後発品が発売されてない先発品は含まれてないので新薬のような先発品はいくら使用しても関係ありません。

分母は処方箋の内容次第だから薬局の努力でどうこうできるものではない。だから、考え方はシンプルです。分子(後発医薬品の使用)を増やすことです。

 

そこでブラン・ド・ブランでは現在取扱4,500品目中、2,900品目後発医薬品を取り扱っております。

後発医薬品採用にも注力しており、今年6月新規後発品で以下を採用致しました。

是非、後発医薬品調剤体制加算獲得にご利用下さい。

 

後発医薬品名     販売メーカー

  • オランザピン錠2.5mg「ニプロ」 ニプロ
  • オランザピン錠5mg「ニプロ」 ニプロ
  • オランザピン錠10mg「ニプロ」 ニプロ
  • オランザピンOD錠2.5mg「杏林」 キョーリンリメディオ
  • オランザピンOD錠5mg「杏林」 キョーリンリメディオ
  • オランザピンOD錠10mg「杏林」 キョーリンリメディオ
  • オランザピン細粒1%「ニプロ」 ニプロ
  • ボリコナゾール錠50mg「タカタ」 高田製薬
  • ボリコナゾール錠200mg「タカタ」 高田製薬
  • バルヒディオ配合錠EX「サンド」 サンド
  • バルヒディオ配合錠MD「サンド」 サンド
  • エンタカポン錠100mg「KN」 小林化工
  • ビカルタミドOD錠80mg「NK」 日本化薬
  • アムバロ配合OD錠「日医工」 日医工
  • ロピニロール塩酸塩錠0.25mg「JG」 日本ジェネリック
  • ロピニロール塩酸塩錠1mg「JG」 日本ジェネリック
  • ロピニロール塩酸塩錠2mg「JG」 日本ジェネリック
  • ロピニロール塩酸塩OD錠0.25mg「アメル」 共和薬品工業
  • ロピニロール塩酸塩OD錠1mg「アメル」 共和薬品工業
  • ロピニロール塩酸塩OD錠2mg「アメル」 共和薬品工業
  • ロサルヒド配合錠HD「ニプロ」 ニプロ
  • オランザピン錠1.25mg「アメル」 共和薬品工業
  • オランザピン錠20mg「EE」 エルメッドエーザイ
  • オランザピンOD錠1.25mg「アメル」 共和薬品工業
  • ボリコナゾール錠100mg「アメル」 共和薬品工業
IMG_0730

薬局支援.comの分割販売はこちらへ

保険薬局の開業と運営のサポートは薬局支援.comにお任せ下さい!

042-709-7685

受付時間:10:00~18:00 ※土・日・祝日を除く