5月21日(土)~22日(日)医薬品安全管理研修会(テーマ: 医薬品の有害作用とリスク対策)(東京)

2,678 views

5月21日(土)~22日(日)医薬品安全管理研修会(テーマ: 医薬品の有害作用とリスク対策)(東京)

※詳しくは、国際医療リスクマネージメント学会HPをご確認下さい。
http://www.iarmm.org/J/Drug2016May/index.htm

1.主 催:国際医療リスクマネージメント学会

2.開催日時:
5月21日(土)13:00~16:00
5月22日(日)09:00~15:00

3.会 場:東京大学法文 1 号館 25 番講堂

4.講師並びに演題:
2016 年 5 月 21 日(土)午後
午後 1 時~午後 1 時 50 分 腎機能低下患者に対して保険薬局薬剤師のできること・やるべきこと
竹内 裕紀 (東京薬科大学医療実務薬学教室准教授)

午後 2 時~午後 4 時 パネルディスカッション 「病院内医薬品安全管理の実際と課題」
医薬品の安全管理体制と求められるガバナンス
高 田 伸 夫 (東 邦 大 学 医 療 セ ン タ ー 佐 倉 病 院 医 療 安全管理室副室長)
医薬品の安全使用に向けての看護部での取り組み 新村美佐香 (菊名記念病院 医療安全管理室室長)
病院における医薬品安全管理の実際 生島五郎 (松戸市立病院 薬局長 医薬品安全管理責任者)

2016 年 5 月 22 日(日)
午前 9 時~午 9 時 50 分 HIV 治療における薬剤師の対応 田中 博之 (東邦大学薬学部実践医療薬学研究室講師)

午前 10 時~午 10 時 50 分 医薬品の適応外使用・疾病禁忌薬管理の問題と適正管理を考える
木村 利美 (東京女子医科大学病院 薬剤部長)

午前 11 時~午 12 時 保健薬局薬剤師がおこなうリスクマネジメント-ヒトの認知機能からの解析も含めて-
菅野 敦之 (明治薬科 大学臨床薬学部門/地域医療学研究室 准教授)

午後 1 時~午後 3 時 パネルディスカッション「在宅医療における医薬品安全管理での薬局の現状と今後のあり方」
在宅医療における薬物治療の問題と対策 髙瀬 義昌 (医療法人社団至髙会 たかせクリニック理事長)
在宅医療における薬剤師の役割と STOP クライテリア処方の実態
杉浦 伸一 (名大医学教育研究支援センタ医療行政学特任准教授)
地域包括ケアシステムにおける地域薬局の役割 榊原 幹夫 (公益財団法人 杉浦記念財団 事務局長)

5.参加費:
日本医療安全学会員もしくは国際医療リスクマネージメント学会員 1万3千円
医療従事者 1万9千円
医薬品製造・輸入・販売業者、その他 4万9千円

6.問い合わせ先:
国際医療リスクマネージメント学会本部
〒113-0033 東京都文京区本郷4-7-12-102
〒113-0033 東京都文京区本郷4-32-2-103
(Tel / Fax)  03-3817-6770

7.参加申込受付締切り: 2016年5月16日(月)

※主催者の都合により変更になっている場合もございますので、ご了承ください。

※当サイトでは、上記イベントについてのご質問には、お答えできかねます。

イベントの開催内容や詳細につきましては、直接、開催元へお問い合わせください。